ぽよぽよの終末

ゲームのプレイ日記や普通の日記等々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Outlast

以前から気になっていたゲームだったのですが、Steamのサマーセールで出てたのでDLCと合わせて購入。
山奥の精神病院が舞台のホラーゲームで、主人公に襲い掛かってくるのが病院の患者、人間です。
主人公の持ち物はカメラのみで武器がないので、逃げるか隠れてやり過ごすことしかできません。
ベットの下やロッカーの中に隠れていてもバレる場合があるので(隠れる部屋のドアを閉めるなど一時的に足止めすれば大体は大丈夫)確実に逃れられるのがダクトや物が置いてあってすり抜けられる所くらい。
このゲームに近いゲームと言えばSIRENになるかな。視界ジャックは使えませんけど…敵のAIもSIRENに近い感じ。

患者全てが襲い掛かってくるわけでもなく、主人公についてくる患者はちょっと可愛く感じました。みんな精神に異常をきたしてはいるんですけどね

また暗闇だと全く見えないのでカメラの暗視モードを使って進むことになります。暗視モードだとバッテリーの減りも早いので、ずっと使えるというわけではありません。度々落ちているバッテリーで補充をしていくといった形です。この辺のバランスも絶妙だったかなと。
暗闇だと主人公の息遣いも荒くなり、また主人公が敵に対する反撃手段を何も持っていないので常に緊張感が絶えませんでした。
PVを見ればゲームがどんな感じなのかわかりやすいかと思います。



ストーリーについては自分がファイルの方に全て目を通してないのもあって理解できてない部分も多いですが、他の方の感想記事などを見て大体は把握出来ました。最後は…
DLCは本編クリア後に遊ぶと楽しめると思います。

基本的に一本道なので、一度プレイしたらドキュメント集めやタイムアタックくらいしかやり込める要素はないかなー。
初回プレイに関しては間違いなく楽しめるかと思います。
まぁホラーゲーはびっくりポイントなどわかってしまえば基本的に作業ゲーデスヨネー

PS4だと日本のPSNではまだ配信されていないようですが、ゴア表現が結構きつめなので配信されるとなると規制入りまくり、もしくは配信は無理なんじゃないかなと…特にDLCは色々とアウト

北米版でも日本語字幕が追加されているらしいので直接北米のストアからDLした方がいいかと思います。

以下ネタバレやグロSS含むので見たい方は続きから
SSは全てDLCです。
同性愛?要素や肌色(♂)、男性だとゾッとするようなSSなので尚更注意

続きを読む
スポンサーサイト

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。